闘病生活で学んだたくさんのこと

クレジットカードを利用している人なら利用明細が自宅に届くでしょう。
最新の投稿

個人情報を消したい時の生活の方法

闘病生活で学んだたくさんのこと クレジットカードを利用している人なら利用明細が自宅に届くでしょう。自宅に届けられるので当然名前が記載されています。住所も記載されています。中には何に使ったなどが記載されています。一応カード番号や引き落とし口座などは部分的に隠されているので誰かに見られて悪用されることは少なそうです。でも利用明細で生活スタイルが知られてしまうことがあります。

生活をする上では安易に個人情報が記載されているものを捨てるのは良くありません。ですから何らかの作業が必要になります。まずはシュレッダーでわからなく切り刻むことです。家庭用の物もあります。家庭用の物だと縦のみ、横のみにカットするだけなので情報がきれいに残されることがあります。クロスカッターなどなら細かく切ることができます。

簡単に行おうとするなら文字がかかれている上からマジックなどで消すことです。でもよく見ると下に印刷されている文字がわかります。わからなくするなら文字と同じ太さ、色のペンで無関係な文字を書いていきます。ボールペンなどが良いでしょう。ボールペンだと筆圧が強くなるので後ろからも何がかかれているかわからなくなります。ただぐちゃぐちゃと線を引くのではなく文字を記載した方がわかりにくいです。